数字で見る創英

DATA

  • 所員数
    291
    創英は、研修・訓練と実務とをリンクさせて未経験者をプロに育て上げる「人財主義」を経営のモットーにしています。弁理士、弁護士、実務スタッフ、事務スタッフの構成割合が変わることなく、一定のペースで増員しています。毎年一定のペースで増員し、毎年一定のペースでプロが育ち、毎年一定のペースで業績の向上しています。
  • 平均年齢
    40
    創英で社会人の第一歩を踏み出した者の他、企業の開発・設計部門や知的財産部門の出身者、国内外の研究所の出身者、他の特許事務所での経験者、特許庁審査官経験者に加えて、地方公務員、自衛隊の出身者等も在籍しています。知財未経験者も多数入所しています。(全所員の2022年2月時点での平均値)
  • 男女比率
    5:4
    産休・育休制度はもちろん、テレワーク、時短勤務などの制度充実を行い、育児・介護と仕事とを両立しやすい環境づくりをめざします。創英は、出産・育児などのライフイベントも仕事も頑張りたい女性の活躍を応援しています。
  • 有資格者数
    145
    弁護士 6名、弁理士 117名、
    弁理士(カナダ/米国)1名、弁理士(米国) 1名、
    弁護士(米国特許弁護士) 1名、英国法廷弁護士 1名、
    中国弁護士 1名、中国弁理士 2名、博士号保有者 8名、
    薬剤師 6名、 薬剤師(中国) 1名
    その他、創英には多種多様な資格を所有している所員が多数おります。
    また、創英は自己研鑽として資格取得を推奨しています。(のべ人数)
  • 女性管理職の割合
    27 %
    出産・育児や介護などによりライフステージが変化しても、女性所員が就業を継続させられるよう、時短勤務やテレワークといった制度を設け、働き方の選択肢を増やしています。
  • 外国出身者
    12
    創英には外国出身のスタッフも在籍しております。国際色豊かな職場です。日本弁理士資格を有しているスタッフも複数名おります。
  • 創業年
    1986
    1986年に長谷川芳樹が個人事務所を開業しました。
    1988年に前身事務所を発展的に解消し、協力協働型の創英国際特許事務所を設立して長谷川が所長に就任。
    1999年に弁護士部門を開設して創英国際特許法律事務所と改称し、現在に至ります。
  • 拠点数
    13 拠点
    創英は、東京本部(丸の内)を中心に、武蔵野(吉祥寺)、大宮、千葉、柏、横浜、西新宿に拠点オフィス/職住近接型サテライト等を開設しています。
     京都、福岡、USA(ワシントンD.C.、シアトル)、ASEAN(バンコク)にはオフィスを開設し、知財サービスを提供しております。

ご応募はこちら